よくある質問
デザインパターンを使って描く  つややか仕上げのインテリアフレーム

盛りが厚かったことが原因と考えられます その他、 焼成のスピードが速かった 盛りが乾燥していないうちに焼成をしてしまった場合にもちぢれが発生します メディウムが乾燥している状態で描くと盛りが厚くなりやすい傾向がありますので、作業しているときの濃度にもご注意ください。 水溶性メディウム遅乾性をお使いいただいても結構です。 盛りや上絵の具を厚く塗りすぎるとハガレの原因にもつながりますので、 ご注意ください
非油性カーボン紙やスタビロ鉛筆などは強く書くと焼成後にそのあとが焼き付いてしまうことがまれに起こります。 特にタイルやボーンチャイナなど釉薬が柔らかいものは特に焼き付きやすい傾向があります。 対策として、強く描きすぎないこと。もし強く描いてしまった場合は焼成前にその部分を落とすと良いでしょう。 焼き付いてしまった部分は落とすことができませんので、その部分をカバーするように絵付けをしてみましょう。